契約条項の利用規約

使用条件は、2020年12月31日に最終更新されました。

次の使用条件は、AppyPie.com Webサイトと、WebサイトまたはWebサイトを通じて利用可能なすべてのコンテンツ、サービス、製品(総称して「サービス」)を管理をします。 本サービスは、LLP法に基づきインドのニューデリーに組み込まれた有限責任パートナーシップ、Appy Pie LLPが所有・運営し、2008年にLLPIN AAF-5370を有し、165年に主たる事業所を有する。インド(以下「AP」という。)本サービスは、LLP法に基づきインドのニューデリーに組み込まれた有限責任パートナーシップ、Appy Pie LLPが所有・運営し、2008年にLLPIN AAF-5370を有し、165年に主たる事業所を有する。インド(以下「AP」という。)APは現在、支払いを受け入れるために第三者を使用しています(以下、「第三者支払処理業者」)。APは現在、支払いを受け入れるために第三者を使用しています(以下、「第三者支払処理業者」)。契約者は、現在USAのAppy Pie LLCおよび英国のAppy Pie Ltdで使用され、クライアントが書面で変更/更新する可能性があるこれらのサードパーティ支払いプロセッサを使用してAPへのすべての支払いを行います。契約者は、現在USAのAppy Pie LLCおよび英国のAppy Pie Ltdで使用され、クライアントが書面で変更/更新する可能性があるこれらのサードパーティ支払いプロセッサを使用してAPへのすべての支払いを行います。 APは、サードパーティの支払プロセッサを変更したり、サードパーティの支払プロセッサの使用をいつでも停止する権利を持ちます。APは、サードパーティの支払プロセッサを変更したり、サードパーティの支払プロセッサの使用をいつでも停止する権利を持ちます。名称は似ているにもかかわらず、第三者支払処理プロセッサとAPの間に提携はなく、第三者支払処理プロセッサは本契約の当事者ではありません。名称は似ているにもかかわらず、第三者支払処理プロセッサとAPの間に提携はなく、第三者支払処理プロセッサは本契約の当事者ではありません。本サービスは、本契約に含まれるすべての契約条件、およびAP(以下、APのプライバシーポリシーを含む)によって本サイトに時々公開される他のすべての運用規則、ポリシー(以下、「AP」)を変更せずに、お客様の承諾を条件として提供されます。本サービスは、本契約に含まれるすべての契約条件、およびAP(以下、APのプライバシーポリシーを含む)によって本サイトに時々公開される他のすべての運用規則、ポリシー(以下、「AP」)を変更せずに、お客様の承諾を条件として提供されます。

本サービスにアクセスまたは使用する前に、本契約をよくお読みください。お客様が本契約のすべての条項に同意しない場合、お客様は当社のサービスにアクセスまたは使用することはできません。これらの利用規約がAPによるオファーと見なされる場合、承諾は本利用規約に明示的に限定されます。

本サービスは、16歳以上の方のみご利用いただけます。
年齢制限の唯一の例外は、少なくとも18歳であることを必要とするAppy Pie Chatbotです。

1.1 お客様のAPアカウントとサイト

Appy Pie AppMakr

Appy Pie AppMakrは、オンラインでコードアプリビルダーを使わず、技術スキルに関係なく、誰でも自分でアプリを構築できるようにします。 Appy Pie AppMakrは、幅広い機能で知られ、コードなしのモバイルアプリ開発プラットフォームとしては、唯一最大のものです。

Appy Pie Webサイトビルダー

Appy Pie Webサイトビルダーを使用すると、個人またはビジネスエンティティが1行のコードも書き込まずにWebサイトを作成できます。 Appy PieのWebサイトビルダーには機能がロードされ、独自のオフライン機能が備わっています

Appy Pie接続

Appy Pie Connectは、企業や個人が自動化されたワークフローを作成し、繰り返し行う手作業を不要にして効率を高めるのを支援する自動化プラットフォームです。

Appy Pie チャットボット

Appy Pie Chatbotを使用すると、個人または企業がコーディングを行わずにChatbotを作成し、Webサイトやアプリに統合できます。 チャットボットは、企業がWebサイトの訪問者に会話のタッチポイントを提供するのを支援します。この製品は2020年3月11日に発売され、一般向けベータ版です。

Appy Pie知識

Appy Pie Knowledgeを使用すると、個人または企業はコーディングを行わずにナレッジポータルを構築、公開できます。これにより、企業は、お客様に対してインテリジェントなセルフ・サービス・ナレッジ・ベースを提供でき、よく寄せられる質問に答える必要性が減ります。重要な問題に重点を置くことで、サポートチームの生産性を高める優れた方法です。2020年4月27日より、Appy Pie 知識は現在、一般向けベータ・フェーズに入っています。

Appy Pieデザイン

Appy Pie Designはオンラインツールで、デザインのスキルやトレーニングを必要とすることなく、様々なタイプのデザインを作成してデザインニーズを満たすことができます。 Appy Pie Designは現在、公開ベータフェーズに入っています。
これらの製品のAPアカウントを保持し、サービス上にソーシャルネットワーク、コミュニティ、アプリケーション、またはソフトウェアを作成したら、お客様は、アカウントのセキュリティを維持する責任を負っており、そのアカウントで発生するすべての活動と、ソーシャルネットワーク、コミュニティ、アプリケーション、またはソフトウェアに関連して行われたその他のアクションに対して、完全に責任を負っています。ソーシャルネットワーク、コミュニティ、アプリケーション、またはソフトウェアにキーワードを記述または割り当てることは禁じられています。キーワードは、他人の名前や評判を売買することを意図したものなど、誤解を招くまたは違法な方法で使用されます。APは、不適切または違法であると判断された説明やキーワードを変更または削除したり、その他の場合はAPの責任を引き起こす可能性がある場合があります。APに対して、ソーシャルネットワーク、コミュニティ、アプリケーション、ソフトウェア、アカウント、その他のセキュリティ違反に関する不正使用を直ちに通知する必要があります。APは、サービス利用者によるいかなる行為または不作為についても、かかる行為または不作為によって生じたいかなる種類の損害も含め、一切責任を負わない。

1.2 貢献者の責任

ソーシャルネットワークの運用、アプリケーションの運用、コミュニティの管理、ソフトウェアの運用、本サービスへの素材の投稿、本サービスへのリンクの投稿、 それ以外の場合は(または第三者に許可)本サービスによって利用可能な資料(「コンテンツ」など)他のサービス お客様は、本コンテンツの内容、および本コンテンツから生じるあらゆる害に対して完全に責任を負います。これは、対象のコンテンツがテキスト、グラフィック、オーディオまたはビデオファイル、またはコンピューターソフトウェアのいずれで構成されるかに関係なく行われます。コンテンツを利用できるようにすることで、サービス利用者は以下のことを表明し、保証するものとする。

  • コンテンツのダウンロード、コピー、使用は、第三者の著作権、特許、商標または営業秘密を含むが、第三者の所有権を侵害するものではない。
  • お客様が作成した知的財産権に対する権利を有する場合、(1)お客様は、お客様から、本コンテンツ(ソフトウェアを含むがこれに限定されない)の投稿または利用を許可され、又は(2)本コンテンツに対する権利の放棄を受け取る。
  • お客様は、コンテンツに関連するサードパーティのライセンスを完全に遵守し、エンドユーザーに必要な条件を完全に満たす必要のあるすべての作業を行っています。
  • コンテンツには、ウイルス、ワーム、マルウェア、トロイの木馬、その他の有害または破壊的なコンテンツが含まれたり、インストールされたりしません。
  • コンテンツはスパムではなく、コンピュータやランダムに生成されたものではなく、第三者サイトへのトラフィックの移動、第三者サイトの検索エンジンのランキングの増加、さらに不正な行為(フィッシングなど)や材料のソースに対する不正な受信者(スプーフィングなど)の増加を目的とした非倫理的または好ましくない商用コンテンツを含んでいません。
  • 内容はポルノや誹謗中傷や中傷などではなく、個人や団体に対する脅迫や中傷による暴力を含まず、第三者のプライバシーや広報権に違反するものではない。
  • ソーシャルネットワーク、コミュニティ、ソフトウェア、またはアプリケーションは、ニュースグループ、電子メールリスト、ブログやWebサイト上のスパムのリンクなどの迷惑メールを介してアドバタイズされません。また、同様の迷惑なプロモーション方法も使用できません。
  • ソーシャルネットワーク、コミュニティ、ソフトウェア、またはアプリケーションには、読者が自分が別の人または会社であると誤解するような名前が付けられていません。たとえば、ソーシャルネットワークのURLまたは名前が、自分または会社以外の人の名前ではありません。そして
  • コンピュータコードを含むコンテンツの場合、社会的ネットワークによって要求されるかどうかに関係なく、材料の種類、性質、使用および影響を正確に分類し、記述する

APが提供するサービスまたはアプリケーションにコンテンツを含めるようにAPにコンテンツを送信することにより、モバイルアプリケーションの表示、配信、およびプロモーションを目的とすることのみを目的として、コンテンツの再生、変更、適応、公開を世界中のライセンス、ロイヤルティなしのライセンス、および非排他的ライセンスとしてAPに付与します。コンテンツを削除する場合、APは合理的な努力を払ってサービスから削除しますが、お客様は、コンテンツのキャッシュまたは参照がすぐに利用できなくなる可能性があることを認めます。これらの表明や保証を制限することなく、APは、APの独自の裁量で(1)APの妥当な見解において、APポリシーに違反または有害または不快な内容を拒否または削除する、または(2)APの独自の裁量で、いかなる理由であれ、個人または団体に対するサービスのへのアクセスおよび使用ををを終了拒否または拒否使用する。APは、以前に支払われた金額の払い戻しを行う義務を負いません。

1.3  毎月および年間サブスクリプションの請求、終了、キャンセル、および払い戻

AP は、購入日からちょうど 1 か月/1 年の AP への元の購入者のアクセス権を付与する毎月および毎年のサブスクリプションを提供しています。AP は、サブスクリプションごとにアドオン プランも提供し、購入者は無制限のプッシュ通知や専用のアカウント マネージャーなど、AP の追加サービスに 1 か月または 1 年間アクセスできます。購入者は、発生した場合に有効なすべての手数料を支払うことに同意します。ご購入時に、事前にサブスクリプションの請求が行われます。サービスをキャンセルすると、キャンセルは次回の請求サイクルで有効になります。これは、早期契約のキャンセルに対して払い戻しができなくなることを意味します。すべての AP アカウントは、サービスを評価できる義務のない試用版から始まります。お客様のクレジットカード情報を収集し、試用アカウントを開始するよう命じられます。ただし、料金は試用期間が終了した後にのみ適用されます。サービスの利用期間が不明な場合は、毎月の支払いスケジュールにサインアップしてください。アカウントに対する料金についてご質問がある場合は、すぐにご連絡ください。支払いが誤った場合、当社は直ちに口座またはクレジットカードの口座に適切な金額をクレジットします。AP には、チャージバックに対してゼロトレランス ポリシーがあります。有効なクレジットカード支払いに異議を唱えるお客様は、サービスの使用を永久にブロックされ、使用が禁止されます。期限が過ぎた手数料と費用は回収に送られますか。回収に失敗した場合は、未払いの債務を利用可能なすべての信用報告機関に報告します。AP が利用規約に違反したためにアカウントを終了したとします。その場合、APはライセンス料の一部を払い戻しません。アプリストアまたはマーケットプレースからのアプリケーションの拒否には、払い戻しは適用されません。30日間の返金保証を提供しています。したがって、この期間にサブスクリプションをキャンセルした場合、払い戻しのリクエストが承認されます。Appy Pieからの全ての払い戻しには、金額の3%の控除または支払い処理業者が請求する実際の処理手数料(のいずれか高い方)が付属しています。ただし、30日間の返金保証は、7日間の無料トライアルを選択したユーザーには適用されず、この期間以降の毎月または年間プランのキャンセルは払い戻しにはなりません。

1.4 生涯サブスクリプションの請求、終了、キャンセル、払い戻し(永久ライセンス) *

APは、クライアントが1回限りの前払いライセンス料を支払い、メンテナンスと更新に向けて継続的な年間料金(1回限りの前払いライセンス料の5%)を支払い続ける場合に永久にアクティブになるライフタイムプラン*(永久ライセンス)を提供しています。AP は、サブスクリプションごとにアドオン プランも提供しており、購入者は無制限のプッシュ通知、専用アカウント マネージャーなど、AP の追加サービスに一生アクセスできます。有効期間プランは、以下に示すこの用語で概説されている他の条件に従います。ライフタイムプラン保有者は、APへの5年間(60ヶ月)のアクセスが保証されています。ただし、AP がサービスを停止したり、業務を停止したり、取得、管理の変更、合併、その他の法的な再編成が行われた場合、AP は購入価格に購入価格を少なくして購入価格に少ない金額を掛けることによって、永久ライセンスを終了することがあります。分子は、生涯プランの購入から月数の数であり、その分母は60です。の分子は、生涯プランの購入から月全体の数であり、その分母は60です。AP が利用規約に違反したためにアカウントを終了したとします。その場合、APはライセンス料の一部を払い戻しません。アプリ ストアまたはマーケットプレースからアプリケーションを拒否する場合、払い戻しは適用されません。AP は、追加のサービスを随時導入する場合があり、追加費用なしで既存のライフ タイム プランから除外される場合があります。AP のライフタイム プラン アカウントに 3 年間のアクティビティがないとします。その場合、そのアカウントは休止状態であると考え、データへのオンラインアクセスを削除します。その後、データをさらに1年間保持し、その時点でデータを削除します。アクティビティは、AP アカウントへのログインとして定義されます。お客様は、お問い合わせによっていつでもお客様の生涯計画をキャンセルすることができます。ただし、ライフプランのキャンセルは払い戻しにはなりません。

*ご注意- 2018年12月から、生涯プランを中止しました。ただし、2018年12月31日以前に生涯プランに加入しているすべてのお客様は、プランに従ってすべての特典を受け取ることになります。

1.5  払い戻しポリシー

Appy Pieとクライアントは、払い戻しが発行されると結論付け、X日以内に処理されます。ただし、支払い処理業者が請求する金額は払い戻し不可であることに注意してください。したがって、Appy Pieからの全ての払い戻しには、金額の3%の控除または支払い処理業者が請求する実際の処理手数料が加算されます(より高い方)。

ご注意:より高いプランにアップグレードした場合、30日間の期間が過ごしていない場合でも、払い戻しの対象外となります。私たちはあなたの100%を確信することをお勧めします
より高いプランへのアップグレードに進む前に、プラットフォームへのコミットメントを行います。また、30 日間の払い戻しポリシーは、最初のアプリサブスクリプションにのみ適用されます。試用版サブスクリプションを選択したユーザーにも適していません。試用期間後の月次プランまたは年間プランのキャンセルには、払い戻しの対象外となります。

1.6  サブスクリプション更新の無料試用、キャンセル、および払い戻し

すべての AP アカウントは、サービスを評価できる義務のない試用版から始まります。お客様のクレジットカード情報を収集して、トライアルアカウントを開始します。ただし、料金は明示的なアカウント購入後にのみ適用されます。サービスの利用期間が不明な場合は、毎月の支払いスケジュールにサインアップしてください。残念ながら、無料試用期間の延長はできませんので、請求が行われると払い戻しはできません。お客様が加入者になる場合は、7日間の試用期間中でも有料プランにアップグレードできます。当社の有料プランの1つを購読すると、毎月または年間更新日がキャンセルされるまで、サブスクリプションは自動的に更新されます。キャンセルは、すべての将来の支払いのみを停止し、現在までに行われた更新支払いの払い戻しは提供しません。更新料金は変更される場合がありますが、事前に必ずお知らせします。キャンセルは、アプリの請求情報ページにアクセスするか、[email protected] に連絡することでいつでも行うことができます。一度請求が行われると、払い戻しはできません。無料トライアルの利用可能性と期間は、地域および支払いゲートウェイによって異なる場合があります。

1.7  カスタムモバイルアプリ開発

カスタムアプリの設計および開発プロジェクトの支払いは、クライアントへの礼儀として段階的に行われます。支払いまたはデポジットが行われると、返金はできません。プロジェクトがキャンセルまたは延期された場合、APは支払われたすべての金銭を保持し、該当する場合、既に提供されている以上に完了したすべての作業の手数料は、クライアントが支払う必要があります。

1.8  自分のプランに合わせて構築

プランの作成に向けて$499の支払いは、カスタムアプリの設計および開発プロジェクトとして扱われます。したがって、一度499ドルの支払いが行われると、返金することはできません。プロジェクトがキャンセルまたは延期された場合、APは支払われた金銭をすべて保持し、該当する場合は 既に支払われた額を超えて完成したすべての作業の料金は、クライアントによって支払われます。

1.9  追加業務の支払い

APでは、次のような追加の消耗品アプリ内購入を提供しています。しかし、それだけではありません。ドメイン名の登録、プレミアム背景画像、Appleプロモーション(Appy Jump)、アプリホスティング、アプリケーション帯域幅、送信、再送信、アカウントマネージャ、リセラー、無制限のプッシュ通知、追加のドライバとモデレータアプリのアクセス許可の変更または削除アプリのアクセス許可の変更または削除必要に応じて選択できます。これらのサービスの支払または入金が行われると、払い戻しはできません。消耗品のアプリ内購入は使い切れますが、必要に応じてアップグレードでき、重要なレベルのしきい値に達すると、ユーザーにEメール通知が送信されます。消耗品のアプリ内購入が完全に消耗され、アップグレードされていない場合は、ここで言及することが適切です。これにより、アプリが編集および表示のためにロックされます。

アプリのアクセス許可の変更:APK(Androidビルド)でアクセス許可を追加/削除する場合は、毎回99ドルの料金が1回発生します。

1.10  他のサービスに投稿されたコンテンツ

我々は査読していない、レビューできない、AppyPie.comがリンクしているサービスやウェブページを通じて入手可能なコンピュータソフトウェアを含む全ての素材AppyPie.comがリンクしているサービスやウェブページを通じて入手可能なコンピュータソフトウェアを含む全ての素材。 APはこれらの非APサービスやWebページを制御することはなく、その内容や使用に対して責任を負いません。AP以外のWebサイトまたはWebページにリンクする方法APは、そのようなWebサイトまたはWebページを支持していることを示すものではありません。ウイルス、ワーム、トロイの木馬、およびその他の有害または破壊的なコンテンツから自分自身およびコンピュータシステムを保護するために、必要に応じて予防措置を講じる責任があります。APは、AP以外のWebサイトおよびWebページの使用によって生じるいかなる損害についても責任を負いません。

1.11  著作権侵害とDMCAポリシー

APが知的財産権を尊重するよう他者に求めているように、他者の知的財産権も尊重しています。AppyPie.comまたはAPソーシャルネットワークまたはモバイルアプリケーションに掲載されている素材が著作権を侵害していると考えられる場合は、APのデジタルミレニアム著作権法(以下「DMCA」)ポリシーに従ってAPに通知することをお勧めします。APは、侵害物質を除去するか、または侵害物質へのすべてのリンクを無効にすることにより、必要または適切な場合を含め、そのような通知すべてに応答します。APまたはその他の者の著作権またはその他の知的財産権を侵害または繰り返し侵害する可能性のある訪問者の場合、APは、その裁量により、その訪問者に対するサービスへのアクセスおよび使用を終了または拒否することができます。そのような終了の場合、APはAPに以前に支払われた金額の払い戻しを提供する義務を負いません。知的財産。本契約は、APからユーザーに転送されるものではありません本契約は、APからユーザーに転送されるものではありませんまたはサードパーティの知的財産またはサードパーティの知的財産、すべての権利、 ~に対する権原および利益かかる財産は(当事者間のような)APのみで存続するAppyPie.com。AppyPie.comおよびその他すべての商標、サービスマークサービスマーク、グラフィックとロゴAppyPie.comとの関連で使用されます。本サービス、APのライセンサーの商標または登録商標です。その他の商標、サービスマーク、グラフィックとロゴ本サービスに関連して使用される商標は、他の第三者の商標である場合があります。お客様による本サービスの利用は、APサードパーティの商標を複製、使用する権利、ライセンスを付与するものではありません。

本契約に含まれる事項にかかわらず、APは、プロジェクトの間、お客様またはお客様に代わって開発者によって開発されたすべての知的財産の唯一かつ排他的な所有者となります。お客様がAPに対する商業上およびその他の義務をすべて履行する限り、お客様に割り当てられたものとみなされます。お客様が、すべての商業上の義務を履行しない場合、本契約の条件に違反しない場合、本ソフトウェア、本ソフトウェアの使用、本ソフトウェア、本アプリの公開、本ソフトウェア、本プロジェクト/アプリの使用は、APの知的財産権を侵害する不正使用と見なされます。

1.12  変更変更

APは、独自の裁量で、本契約の一部を変更または交換する権利を留保します。変更について本契約を定期的に確認することは、お客様の責任です。本契約に変更が掲載された後もサービスを継続して使用またはアクセスすることは、その変更に同意したものとみなされます。 また、APは将来、本サービスを通じて新しいサービスおよび/または機能を提供する可能性があります(新しいツールやリソースのリリース、修正、やリリースされた機能の終了を含む)。このような新しい機能やサービスは、本契約の条件に従うものとします。このような新しい機能やサービスは、本契約の条件に従うものとします。

1.13  終了

APは、理由の有無にかかわらず、通知の有無にかかわらず、直ちにサービスの全部または一部へのアクセスを終了することができます。本契約またはAppyPie.comアカウント(お持ちの場合)を終了する場合は、サービスの利用を停止することができます。APは、当社のサービスの一般的なシャットダウンの一部として、直ちにサービスを終了することができます。本契約のすべての条項は、その性質上、所有権の規定、保証の免責条項、責任の免除および制限を含むがこれらに限定されない、終了しても存続するものとします。

1.14  チャージバック

クレジットカード会社または銀行からチャージバックまたは支払いの紛争(PayPalの紛争)を受け取った場合、お客様のサービスおよび/またはプロジェクトは予告なく停止されます。$100チャージバック手数料(クレジット会社から当社に渡された手数料を回収するために発行)と、チャージバックの結果として生じた未払い残高は、サービスのリストア、ファイルの配信、またはさらなる作業が行われる前に、全額を支払う必要があります。チャージバックを発行する代わりに、請求の問題に対処するために当社にご連絡ください。チャージバックのリクエストやPayPal紛争の解決をデルから有効な料金で行うのは詐欺で、払い戻しを受ける適切な手段や法的手段とは言えません。 有効な料金に異議を申し立てた場合は、それ以外の場合にも、返金の対象となるかどうかに関係なく、返金の対象となりません。

1.15  保証の否認

本サービスは「現状のまま」提供されます。APとそのサプライヤーおよびライセンサーは、商品性、特定の目的への適合性、および非侵害の保証を含む(これらに限定されない)、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証も行わないものとします。APも、そのサプライヤーやライセンサーも、本サービスが誤りなく提供されるか、または本サービスへのアクセスが継続的または継続的に行われるという保証は一切行いません。お客様は、お客様自身の裁量により本サービスをダウンロードし、またはコンテンツやサービスを通じて取得することを理解しています。

1.16  責任の制限

お客様は、APが、次の原因で生じる、利益、のれん、使用、データその他の無形損失の損失を含む(たとえAPにその可能性が通知された場合でも)損害を含む、直接的、間接的、付随的、特別、派生的、または模範的な損害に対して責任を負わない。(i)サービスの利用又は利用不能(ii)購入し、若しくは取得した商品、データ、情報若しくはサービス又はサービスを通じて受け取った若しくは取引に起因する代替商品及びサービスの調達費用(iii)お客様の送信又はデータに対する不正なアクセス又は変更(iv)本サービスに関する第三者の陳述又は行為(v)アプリ内で発生したバグ(vi)アプリケーションの破損、ハッキング攻撃、アプリケーションのセキュリティ、その他サービスに関連する事項(vii)モバイルアプリケーションのストアまたはマーケットプレースからの拒否(viii) 行動の原因の12ヶ月前に、本契約に基づいてAPに支払われた料金を超える金額について。APは、合理的な管理を超える事項による障害または遅延に対して責任を負いません。上記は、適用法で禁止されている範囲には適用されません。

1.17  一般表現と保証

お客様は、(i)お客様による本サービスの利用が、APプライバシーポリシー、本契約、および適用されるすべての法律および規制(お客様の国、州、市またはその他の政府領域における、オンラインの行為および許容されるコンテンツに関する地域の法律または規制、ならびに米国またはお客様が居住する国から輸出された技術データの伝送に関するすべての適用法を含むことに限定されません)また、(ii)サービスの利用は、第三者の知的財産権を侵害したり、不適切に利用したりすることはありません。

1.18  補償

お客様は、AP、その請負業者、そのライセンサー、および各取締役、役員、従業員、代理人に対し、次の事由によって生じるすべての請求、損害、義務、損失、負債、費用または債務、および費用(弁護士費用を含みますが、これに限定されません)を補償し、無害であることに同意するものとします。(i)お客様による本サービスの利用および本サービスへのアクセス(ii)本規約の違反(iii)著作権、知的財産権、またはプライバシー権を含む第三者の権利に対する違反(iv)または、サービス利用者または第三者によるアプリの機能バグまたはコンテンツから生じたクレーム(v)または、モバイルアプリケーションのストアまたはマーケットプレイスからの拒否(理由は問いません)この防衛および補償の義務は、本規約およびサービスの使用を存続します。

1.19  ユーザー生成コンテンツ

当社のプラットフォームで作成されたすべてのアプリ、投稿、コミュニティ、ソフトウェア、ソーシャルネットワークはユーザー生成コンテンツとみなされ、APは承認せず、お客様または他者によって送信されたユーザー生成コンテンツを管理せず、それらに関連して、または生じた一切の責任を負いません。サイトを通じて作成されたユーザー生成コンテンツは、マーケットプレイスまたはフォーラムに投稿する前に必ずしもAPによって確認されるわけではなく、APの意見やポリシーを反映しているとは限りません。APが独自の裁量でマーケットプレイスを監視することを選択した場合、APはユーザー生成コンテンツに対して責任を負わず、不適切または不正確なユーザー生成コンテンツを変更または削除する義務も負わず、ユーザー生成コンテンツを送信するユーザーの行為に対して責任も負いません。APは、明示または黙示を問わず、マーケットプレイス上のコンテンツおよびその他の資料の適合性、正確性または信頼性について保証しません。それにもかかわらず、管理者は、ユーザーがユーザー生成コンテンツを送信することを禁止し、ユーザー生成コンテンツをいつでも編集、制限、または削除する権利を留保します。お客様は、当社が独自の裁量で、お客様のユーザー生成コンテンツの送信を防止する場合、または当社がそのコンテンツを編集、制限、削除する場合には、管理者が責任を負わないことに同意するものとします。また、お客様は、本サイトの他のユーザーおよびユーザーが作成したコンテンツが含まれる可能性のある第三者のウェブサイトに対して、当該ユーザーの個人的な使用に関する資料へのアクセス、閲覧、およびコメントを許可することに同意します。

1.20  サードパーティサービスおよびサードパーティアプリケーションプロバイダ

APサービスは、Shutter Stock、PubNub、Facebook、Google(YouTube、Maps、Firebase、Sheets、API.AI)、Sinch、Vuforia、AWS、Azure、Pixabay APIなどの複数のサードパーティサービスを利用します。お客様は、取得した各サードパーティサービスに対するライセンスが、お客様とアプリケーションプロバイダとの間の拘束力のある契約であることを認めます。サードパーティアプリの場合、お客様は、(i)アプリケーションプロバイダーから各サードパーティアプリへのライセンスを取得していることを認めます。(ii)APが、当該第三者アプリを各々利用者に提供する際に、アプリケーションプロバイダーの代理人として機能していないこと。および(iii)APは、お客様とアプリケーションプロバイダーとの間で、当該サードパーティアプリに関してライセンスの当事者ではありません。各第三者アプリのアプリケーションプロバイダーは、その第三者アプリ、そのコンテンツ、その保証が放棄されていない範囲での保証、およびお客様または他の当事者が当該第三者アプリに関して有する請求に対して単独で責任を負います。サードパーティ製アプリの場合、ライセンス料はサードパーティ製のアプリケーションプロバイダーの独自の裁量として設定され、APはサードパーティ製のアプリケーションプロバイダーに代わってライセンス料を収集しないため、お客様はサードパーティ製のアプリケーションプロバイダーに直接支払う必要があります。ライセンサーは、いつでもライセンス料を変更することができます。

Appy Pie Chatbotの場合: 当社は、他のサードパーティ製品との統合をChatbotと共に提供しています。統合を利用するには、各製品のサブスクリプションを各Webサイトから別途購入する必要があります。これらの統合の可用性は、これらの製品のAPIの可用性に依存します。統合が解除された場合は、正式に通知されます。

1.21  ベータ版機能

一部のAPプラットフォームリリースには、(タクシー、フードコート、拡張現実、メッセンジャー、チャットボット、デザイン、知識)などのベータ機能が含まれています。ベータ版の機能をリリースし、実装に関するフィードバックを収集して、改善を図ります。ベータ版の機能に関するフィードバックは、可能な限り最高の製品をお客様に提供できるように、お客様に大切にしています。提案を提出することにより、お客様の開示は任意で、非要請で、制限なしで、APを受託者や他の義務に付すものではないこと、お客様に追加の補償なしで提案を自由に使用し、また、非秘密裏に、あるいは誰にも開示することに同意します。また、ベータサービスのテストと評価の期間を決定する唯一の権限と裁量権も持っています。当社は、このようなテストの成功と、ベータ・サービスを商用サービスとして提供する決定(存在する場合)の唯一の判断者となります。

ベータ版の機能の提供状況は、各リリースのリリースノートに記載されています。その他のドキュメントは、APのサポートセクションから入手できます。これらのベータ機能を有効にし、使用する方法については、リリースノートとマニュアルを参照してください。

ベータ版の機能に関する次の制限事項に注意してください。

  • ベータ版の機能が不完全な場合があります。将来のリリースでは、機能を完成させるための機能が追加される可能性があります。
  • ベータ版の機能は、フィードバックに応じて将来のリリースで変更される可能性があります
  • 下位互換性を目指しているにもかかわらず、APはベータ版機能の月次リリース間の下位互換性を保証できません
  • ベータ版の機能はSLAの対象外であり、リセラープラットフォームの一部ではありません
  • ベータ機能に関する問題を説明するチケットを含むフィードバックを重視しますが、これらのチケットはSLAに従って処理されません
  • ベータ版の機能で発生した問題に対して、適時の修正を保証することはできません
  • ベータ版の機能は、本番アプリケーションでは使用しないでください
  • ベータ版の機能にはバグが含まれている可能性があり、データが破損する可能性があります

1.22  お子様の個人情報

APは16歳未満の子供から故意に個人情報を収集することはありません。16歳未満の場合は、Webサイトやアプリを通じて個人情報を送信しないでください。当社は、保護者および法的保護者に対し、子供のインターネット利用状況を監視し、子供に許可なくWebサイトまたはアプリを通じて個人情報を提供しないように指示することにより、このポリシーを実施することを奨励します。16歳未満のお子様がWebサイト、ボット、またはサービスを通じて当社に個人情報を提供していると考えられる場合は、[email protected]までご連絡ください。当社は、その情報を削除するために商業的に合理的な努力を行います。

1.23  データ所有権

お客様は、アプリ、アプリデータ(コンテンツ)、ソーシャルネットワークとそのコンテンツ、コミュニティとそのコンテンツ、ソフトウェアとそのコンテンツを所有し、著作権および本サービスを通じて作成、提出、投稿、送信または表示するアプリケーション、ソフトウェア、ソーシャルネットワークまたはコミュニティに既に保持しているその他の権利を保持します。ただし、サブスクリプションがキャンセルされた場合に備えて、アプリ、ソフトウェア、ソーシャルネットワーク、またはコミュニティをロックする権利を留保します。

1.24  法的問題と管轄区域

本契約および本契約に起因または関連する紛争は、抵触法に関する規則にかかわらず、インドのニューデリー州法に準拠するものとします。両当事者は、本契約が商品販売に関する契約でないことに合意する。したがって、この協定は、統一商法2条、2Aの成文化、またはコンピュータ情報取引統一法や国際物品売買契約に関する国際連合条約の言及には準拠しません。インドのニューデリーに所在する地区および高等裁判所は、本契約に起因または関連する紛争を裁定する専属管轄権を有します。各当事者は、これらの裁判所の専属管轄権に同意するものとします。支払いを行わない場合は、本契約の最低額の全額が支払われるものとします。お客様は、かかる加速の場合、本契約の最低額が最低遅延損害額として支払われることに同意するものとします。これは、お客様の未払い額からAPの最小推定損失額に相当する割合が生じるため、APの実際の損失額を計算することができないためです。クライアントは、訴訟または仲裁が開始されたかどうかに関係なく、本契約に基づく義務の収集および/または執行のために、弁護士費用および訴訟費用を含むがこれらに限定されない費用をすべて支払うことに同意します。

APでの接続

サポート:[email protected]
請求:[email protected]
セキュリティ:[email protected]
プライバシー:[email protected]
販売:[email protected]

データ処理付録

(GDPR及びEU標準使用条件条項)

(2020年9月29日改訂)

本データ処理補足条項(「DPA」)は、個人データの処理に関する当事者間の合意を反映するために、APからオンラインサービス(関連するAPオフラインまたはモバイルコンポーネントを含む)を購入するための、マスターサブスクリプション契約またはその他の書面または電子契約(「AP」)の一部を形成します。

本契約に同意することにより、お客様は、自身に代わって、また適用されるデータ保護法および規制に基づいて要求される範囲において、APが当該アフィリエイトがコントローラとして資格を有する個人データを処理する場合には、アフィリエイトの名前および代理として、このDPAに参加するものとします。ここに定義されていない用語はすべて、本契約に定める意味を有するものとします。

本契約に基づいて本サービスを顧客に提供する過程において、APは顧客に代わって個人データを処理することができ、各当事者は、合理的かつ誠実に個人データに関する次の規定を遵守することに同意するものとします。

DPAの適用方法

このDPAに署名しているお客様のエンティティが本契約の当事者である場合、このDPAは、本契約の追加条項であり、本契約の一部となります。この場合、契約の当事者であるAPエンティティがこのDPAの当事者となります。

このDPAに署名する顧客エンティティが、APまたはその関連会社と契約に基づいて注文書を実行したが、それ自体が契約の当事者でない場合、このDPAは、その注文書および該当する更新注文書の追加条項となり、そのような注文書の当事者であるAppy PieエンティティはこのDPAの当事者となります。

このDPAに署名しているカスタマーエンティティが注文書の当事者でも契約の当事者でもない場合、このDPAは有効ではなく、法的拘束力を持ちません。このようなエンティティは、契約の当事者であるお客様のエンティティにこのDPAを実行するよう要求する必要があります。

本DPAは、お客様の契約に含まれる顧客データの処理に関する、比較可能な、または追加の権利(本契約に対する既存のデータ処理補遺を含む)を置き換えるものではありません。

1.  定義

「アフィリエイト」とは、直接または間接的に管理する主体、主体によって管理される主体、または主体と共通に管理される主体を意味します。「管理」とは、この定義において、直接または間接の所有権もしくは支配が、

主体の議決権の50%

「コントローラ」とは、個人データの処理の目的と手段を決定するエンティティを意味します。

「お客様データ」とは、本契約で「お客様データ」と定義されていることをいいます。 または「あなた様のデータ」

「データ保護に関する法令」とは、本契約に基づく個人データの処理に適用される、欧州連合、欧州経済地域、およびその加盟国の法令を含むすべての法令を意味します。

「データ保護に関する法令」とは、本契約に基づく個人データの処理に適用される、欧州連合、欧州経済地域、およびその加盟国の法令を含むすべての法令を意味します。

「データ件名」とは、個人データに関連する個人を意味します。

「AP」とは、前述の「このDPAの適用方法」のセクションで指定されているように、このDPAの当事者であるAppy Pieエンティティを意味します。LLP法に基づいて設立された有限責任事業組合であるAppy Pie LLP、2008 LLPIN AAF-5370を持ち、165で主要な事業所を持っています, NSEZ Noida, 201305インド。

「APグループ」とは、個人データの処理に従事するAPおよびその関連会社をいいます。

「GDPR」とは、個人データの処理に関する自然人の保護とデータの自由な移動に関する欧州議会および2016年4月27日の評議会の規則(EU)2016/679と、指令95/46/EC(一般データ保護規則)を廃止することをいいます。

「個人データ」とは、(i)特定され、又は特定されるべき自然人、(ii)特定され、又は特定されるべき法人(当該情報が、適用されるデータ保護法令に基づき、個人データ又は個人識別情報と同様に保護されている場合)に関する情報であって、(i)又は(ii)に関するデータが顧客データであるものをいいます。

「処理」とは、収集、記録、組織、保管、改造、取り出し、相談、使用、送信による開示、普及、その他の利用、調整、ブロック、消去、破壊など、個人データに対して行われる操作または一連の操作をいいます。

「プロセッサ」とは、コントローラに代わって個人データを処理するエンティティを意味します。

「標準使用条件契約条項」とは、顧客とAPとの間で締結され、本表3に併合された契約を意味します。

「サブプロセッサ」とは、APが関与しているプロセッサ、APグループのメンバ、または別のサブプロセッサを意味します。

「監督当局」とは、EU加盟国がGDPRに従って設立した独立した公的機関を意味します。

2.  個人データの処理

2.1  当事者の役割。両当事者は、個人データの処理に関して、お客様が管理者であり、APがプロセッサーであり、APまたはAPグループのメンバーが下記の第5条「サブプロセッサー」に従ってサブプロセッサーを関与することを認め、これに同意します。

2.2  お客様の個人データ処理。お客様は、本サービスの利用に際し、データ保護に関する法令の要件に従って個人データを処理するものとします。疑いを避けるため、お客様の個人データ処理に関する指示は、データ保護に関する法令に従うものとします。顧客は、個人データの正確性、品質及び正当性、並びに顧客が個人データを取得する方法に対して単独で責任を負うものとします。

2.3 APによる個人データの処理。APは個人データを機密情報として扱い、次の目的のた
めにお客様の指示に従い、お客様の代理として個人データのみを処理します。(i)本契約および該当する注文書に従った処理(ii)ユーザーが本サービスの利用において開始した処理および(iii)お客様が提供するその他の合理的な指示(例:電子メールによる指示)が本契約の条件と一致する場合に遵守するための処理。

2.4  処理の詳細。APによる個人データの処理の主題は、契約に従って本サービスを実施することです。処理の期間、処理の性質と目的、このDPAで処理される個人データの種類、およびデータ・サブジェクトのカテゴリーについては、このDPAに対するスケジュール2(処理の詳細)でさらに指定します。

3.  データ項目権利

3.1  データサブジェクト要求。APは、データ主体のアクセス権、修正の権利、処理の制限、消去(「忘れられる権利」)、データの移植性、処理への異議、または自動個別意思決定の対象とならない権利(「データ主体の要求」)を行使するデータ主体からの要求を受け取った場合、法的に許可された範囲で、速やかに顧客に通知します。処理の性質を考慮に入れて、APは、可能な限り、データ保護法令に基づくデータ主体の要求に対応する義務を履行するために、適切な技術的および組織的な措置によってお客様を支援するものとします。また、お客様が本サービスを利用する際にデータ主体の要求に対応する能力がない場合、APは、お客様の要求に応じて、APが法的に許可されている範囲内で、当該データ主体の要求への対応を支援するための商業的に合理的な努力を提供し、データ保護法令に従うものとします。法的に許可されている範囲内で、お客様は、APによるかかる支援の提供によって生じる費用について責任を負います。

3.2  データサブジェクトアクセス要求(DSAR)。DSARのリクエストを希望される場合は、[email protected]までメールでお問い合わせください。APは、データ主体からのデータ主体アクセス要求(DSAR)の場合、要求の受領から1暦月以内にデータ主体にレポートを提出し、送信する。DSARは、本質的に、コントローラーが処理する個人データのコピーと、この個人データが使用される目的の説明に関する、データの対象からの要求です。 通常、DPOは15日以内に応答しますが、応答時間は30日を超えることはありません。GDPRの第15条に従い、個人はAPから次の情報を求める権利があります

  • 処理対象の個人データ
  • 個人データが処理されている目的
  • 個人データを持つ人、または誰に開示される人
  • プロファイリングを含む、自動的な意思決定の存在。そして、少なくとも、これが法的な、あるいは同様に重要な影響を与える場合には、その目的にどの論理が使われているのか。
  • データが保持される期間(または、少なくともこれを決定するために使用される基準)

4.  AP担当者

4.1  機密性。APは、個人データの処理に従事する従業員に対し、個人データの機密性を通知し、その責任に関する適切なトレーニングを受け、書面による機密保持契約を履行することを保証するものとします。APは、そのような守秘義務が人的関与の終了まで存続することを保証するものとします。

4.2  信頼性。APは、個人データの処理に従事するAP担当者の信頼性を確保するために、商業的に合理的な措置を講じます。

4.3  アクセスの制限。APは、APの個人データへのアクセスが、契約を実行するためにそのようなアクセスを必要とする人員に限定されていることを保証するものとします。

4.4  データ保護責任者。APグループのメンバーは、データ保護に関する法令でこのような任命が必要なデータ保護担当者を指名します。指名された方は、[email protected]までお問い合わせください。

5.  サブプロセッサ

5.1  サブプロセッサの予定。お客様は、(a) APの関連会社がサブプロセッサとして保持される可能性があることを認め、これに同意します。及び(b) AP及びAPの関連会社は、それぞれ、本サービスの提供に関連して、第三者のサブプロセッサを従事することができる。APまたはAPアフィリエイトは、当該サブプロセッサが提供するサービスの性質に応じた範囲において、お客様のデータの保護に関し、本契約の内容と同等以上の保護義務を含む各サブプロセッサとの間で、書面による契約を締結している。

5.2  現在のサブプロセッサのリストと新しいサブプロセッサの通知。本サービスの2020年5月6日現在のサブプロセッサーのリストは、スケジュールに添付されています 1. APは、お客様の要求に応じて、サブプロセッサのIDとその所在地の国(「更新されたサブプロセッサリスト」)を使用して、サービスのサブプロセッサの更新リストをお客様に提供するものとします。

5.3  新しいサブプロセッサに対するオブジェクション権。お客様は、更新されたサブプロセッサリストの受領後10営業日以内にAPに書面で通知することにより、APによる新しいサブプロセッサの使用に異議を唱えることができます。前項の許可に従い、お客様が新しいサブプロセッサに異議を申し立てる場合、APは、お客様に対して本サービスの変更を提供するために合理的な努力を払うか、お客様に不当な負担を与えることなく、お客様の構成または本サービスの利用を避けるために推奨します。APがその変更を30日以内に妥当な期間内に利用可能にできない場合、お客様は、該当するサブプロセッサを使用せずにAPが提供できないサービスについてのみ、APに書面による通知を行うことにより、該当する注文書を終了することができます。APは、かかる終了されたサービスに関して、当該終了の発効日以降の注文フォームの期間の残りをカバーする前払い料金を顧客に払い戻します。ただし、かかる終了に対してペナルティを課すことはありません。

5.4  サブプロセッサ契約。両当事者は、APがお客様からの合理的な要請があった場合にのみ、サブプロセッサ契約のコピーを提供することに同意します。両当事者は、APがお客様からの合理的な要請があった場合にのみ、サブプロセッサ契約のコピーを提供することに同意します。

5.5  責任。APは、本契約に定める場合を除き、各サブプロセッサのサービスをこのDPAの条件に基づいて直接実行する場合、APがサブプロセッサの動作と省略を行う責任を負います。

6.  セキュリティ

6.1  個人データの保護のためのコントロール。APは、セキュリティ保護(不正または不正な処理に対する保護、さらには事故や不法な破壊、紛失、改竄、損害に対する保護、顧客データの不正な開示、アクセスに対する保護を含む)、個人データを含む顧客データの機密性と完全性を維持する。

6.2  SOC 2 Type 1 & Type 2レポートお客様の書面によるリクエストが1年に1回以上発生しない場合、APは、当時のAPの最新のサービス組織のコピーをお客様に提供し、SOC 2 Type 1とType 2のサービスに関するレポートを管理します。APは、APがお客様にそのようなレポートのコピーを提供する前に、APが合理的に受け入れられる非公開契約への署名をお客様に要求する場合があります。

7.  セキュリティ違反の管理と通知

APは、堅牢なインシデント応答管理ポリシーとデータ漏洩対応ポリシーを準備しており、データ漏洩の場合の手順に従い、偶発的または不正な破棄、損失、変更、不正な開示、お客様のデータへのアクセス(個人データ、APが認識する転送、保存、その他の処理(「お客様のインシデントデータ」)を知った後、お客様に通知します。 」)インシデントの確認から72時間以内に、Eメールまたは電話でお問い合わせください。

APが顧客に通知した後は、APがインシデントを確認してから72時間以内にアプリケーションユーザーまたは「データ主体」にデータ侵害を通知することが、顧客の責任となります。お客様は、72時間以内にデータ侵害についてユーザーまたはデータ主体に通知できないことに起因するすべての請求、損害、義務、損失、負債、費用または債務、および費用(弁護士費用を含みますが、これに限定されません)について、AP、その請負業者、そのライセンサー、およびそれぞれの取締役、役員、従業員、代理人を補償し、損害を与えないことに同意します。

8.  顧客データの返却と削除

APは、お客様に対してカスタマーデータを返却し、適用される法律で許可されている範囲内で、本契約に定める手順および期間に従ってカスタマーデータを削除するものとします。

Appy Pieの知識:ツールからアカウント削除要求が送出された場合、チームは7~10日以内に同じ件について連絡を取り、その要求の確認と明確化を求めます。通信後、アカウントは削除され、データを復元できなくなります。

9.  関連会社

9.1  契約関係。各当事者は、本契約を実行することにより、お客様が自身の名前と関連会社に代わってDPAを開始し、本契約、本条項9および第10条項の規定に従って、APと関連会社の間にDPAを個別に確立することに同意するものとします。各関連会社は、このDPAに基づく義務および適用可能な範囲で本契約に拘束されることに同意します。疑いを避けるために、アフィリエイトは契約の当事者ではなく、DPAの当事者となりません。関連会社によるサービスへのアクセスおよび使用はすべて、本契約の条件に準拠する必要があります。お客様は、関連会社による本契約の条件に違反したものとみなします。

9.2  コミュニケーション。契約の契約当事者であるお客様は、このDPAに基づくすべてのAPとの通信を調整する責任を引き続き負っており、DPAに関連するすべての通信を関連会社に代わってこのDPAに関連して行い、送受信する権利を有します

10.  責任の制限

各当事者および関連会社のすべての負債は、契約、不法行為その他の責任理論にかかわらず、このDPAから発生または関連した総計、関連会社とAP間のすべてのDPAに関連して取り上げられますが、本契約の「負債の制限」条項の対象となります。この条項で当事者と関連会社のすべての負債が関連します。

疑いを避けるために、AP及びその関連会社は、本契約に基づく契約および本契約に基づくDPAの両方のクレームについて、顧客および関連会社から発生した全請求に対する全責任を一括して適用し、特にDPAに対する契約当事者である顧客および関連会社に対して個別に適用されることはありません。疑いを避けるために、このDPA内のDPAへの各リファレンスは、そのスケジュールを含むこのDPAを意味します。

11.  ヨーロッパ固有の規定

11.1  GDPR。2018年5月25日より、APはAPのサービス提供に直接適用されるGDPR要件に従って個人データを処理します。

11.2  データ保護の影響評価。2018年5月25日から実施された有効な事項は、お客様の要求に応じて、APは、お客様が本サービスの使用に関するデータ保護の影響評価を実施するために必要な合理的な協力と支援を、お客様がAPに対して行う必要があります。APは、GDPRに基づいて要求される範囲で、第9.2項に関連する業務の遂行において、監督当局との協力または事前協議において、お客様に対して合理的な支援を提供するものとします。

11.3  EU-USプライバシー保護の無効。欧州連合(EU)の司法裁判所の最近の判決により、EU-USのプライバシー・シールド・フレームワークは無効になったが、EU、スイス、英国の外部に移送された個人データに対する合法的な転送手段としての標準契約条項(SCC)は無効とされなかった。

Appy Pieでは、すべての個人データが保護されるように、データ転送のための標準的な契約条項(SCC)を用意しています。デルは、データコントローラとプロセッサの両方として、所定のコンプライアンスポリシーを実装し、遵守することで、お客様が責任をもってカスタマーサービスを提供できるようにすることを約束します。

11.4  データ転送の転送メカニズム。APは、このDPAの用語に従い、スケジュール3に定められた標準使用契約条項を、次の第11.5条に示す追加の用語に従って、このDPAに対して利用できるようにします。この転送機構は、DPAに基づく個人データのオンライン転送について、上記の地域のデータ保護法令の意味において適切なレベルのデータ保護が確保されていない国に対して、EU、欧州経済圏、スイス、英国から適用されます。この場合、データ保護法令の対象となります。[RM2]この転送機構は、DPAに基づく個人データのオンライン転送について、上記の地域のデータ保護法令の意味において適切なレベルのデータ保護が確保されていない国に対して、EU、欧州経済圏、スイス、英国から適用されます。この場合、データ保護法令の対象となります。[RM2]

11.5  APが提供する追加サービス条件

11.5.1  使用契約条項の対象となる顧客。(1)標準使用契約条項とその関連企業として標準使用契約条項を実施した場合には(i)データ輸出者及び子会社として、また(ii)APが提供するサービスに関する命令様式に署名した顧客の全子会社使用契約条項及びこの条項の規定の適用については、先に掲げる者を「データ輸出者」とみなす。

11.5.2 手順。本DPAおよび本契約は、個人データの処理に関するAPへの本契約の署名時にお客様が完全かつ最終的に指示するものです。追加または代替の指示は、別途合意する必要があります。標準利用規約第5条(a)の目的において、お客様が個人データを処理するための指示は、次のとおりです。(a)本契約及び適用される注文書に基づく処理(b)ユーザがAPが提供するサービスを利用して開始する処理および(c)お客様が提供するその他の合理的な指示(例えば、電子メールによる)に従う処理で、当該指示が本契約の条件に適合する場合。

11.5.3 新しいサブプロセッサのアポイントメントと現在のサブプロセッサのリスト。お客様は、(a) APの関連会社がサブプロセッサとして保持される可能性があることを認め、明示的に同意するものとします。(b) AP及びAPの関連会社は,APが提供するサービスの提供に関して,それぞれサードパーティのサブプロセッサを関与させることができる。APは、このDPA第5.2項に従って、お客様にサブプロセッサの現在のリストを提供するものとします

11.5.4  新しいサブプロセッサの通知と新しいサブプロセッサの異議権。お客様は、APがDPAの5.2および5.3の条項で説明されているように、新しいサブプロセッサを使用できる可能性があることを認め、明示的に同意するものとします。

11.5.5  サブプロセッサ契約のコピー。関係者は、APが、お客様の要求に応じてすべての商業情報を含むサブプロセッサ契約のコピーを提供することに同意します。

11.5.6  監査と認定。両当事者は、監査が次の仕様に従って実施されることに同意します。お客様の要請に基づき、本契約に定める機密保持義務に従って、APはカスタマー(またはAPと競合せず、APが合理的に受け入れ可能な機密保持契約を締結したお客様の独立した第三者の監査人)に利用可能とするAPのSOC 1レポートの形式でAPグループがこのDPAに定める義務に従うこと、およびサブプロセッサと子会社に関しては、https://www.jp.appypie.com/securityおよびhttps://www.jp.appypie.com/privacy-policy [RM3]にあるappypie.comのセキュリティ、プライバシー、アーキテクチャに関するドキュメントに記載されたサードパーティの認定と監査に関する情報…お客様が、このDPAに基づく個人データの保護に関する義務にAPが違反していると思い込んでいる場合、または顧客の監督当局が監査を必要とする場合は、APが個人データの保護に関連する手順についてAPに監査を依頼するようにAPに連絡することができます。そのような要求は、個人データへの実際のアクセスまたは合理的に疑われる不正アクセスの場合を除き、年に一度しか発生しないものとする。お客様は、APグループの現在のプロフェッショナル・サービス料金で、当該オンサイト監査に対して支払われた時間に対してAPに払い戻しを行います。APは、要求に応じてお客様が利用できるようになります。このようなオンサイト監査を開始する前に、お客様とAPは、お客様が責任を負う償還率に加え、監査の範囲、タイミング、および期間について相互に合意するものとします。すべての償還率は妥当なものとします。APが消費するリソースを考慮するお客様は、監査中に検出されたコンプライアンス違反に関する情報をAPに迅速に通知する必要があります。

11.5.7  削除の証明。関係者は、APが顧客の要求に応じて個人の削除の証明を提供することに同意します。

11.5.8  競合。このDPA本体とスケジュールおよびスケジュール3の標準使用契約条項との間に矛盾または矛盾がある場合は、標準使用契約条項に従う。

1.  このDPAの関係者

「このDPAの適用方法」セクションでは、APがこのDPAに参加する方法を指定します。

2.  未解決のプライバシーまたはデータ使用の紛争

アクセスポイントが、プライバシーやデータ使用に関する懸念事項に満足のいく対処法を示したり、解決できなかった場合は、[email protected]にメールを送信してお問い合わせください。説明が必要な場合は、ここでプライバシーポリシーの詳細を参照することもできます。

3.  オンライン紛争解決(ODR):ヨーロッパのお客様のみが利用可能

オンライン紛争解決(ODR)に関する情報:欧州委員会は、オンライン紛争の解決のためのプラットフォームを提供している。このプラットフォームは、オンライン販売およびサービス契約における契約上の義務に関する紛争の裁判所外での解決を促進することを目的としています。

このプラットフォームは、 http://ec.europa.eu/consumers/odr/にあります。

4.  法的効力

本DPAは、当事者の承認済署名人が本契約を正式に履行した場合にのみ、お客様とAPの間で法的拘束力を持つものとします。

12.  CCPA

カリフォルニア州消費者プライバシー法は、カリフォルニア州居住者のプライバシー権と消費者保護を強化することを目的とした法律です。
Appy PieはCCPAに準拠しており、プラットフォームを通じてクライアントから収集されたすべての個人データまたは任意の個人データについて透過的です。Appy PieのCCPAポリシーを読むには、ここをクリックしてください。

このフォームに入力すると、「データを販売しない」リクエストを送信できます。

13.  アプリプロモーションキャンペーン

アプリプロモーションキャンペーンに参加するには、次の条件を満たす必要があります。

  • アプリをプロモートするには、Google PlayストアまたはApple App Store、またはその両方でアプリをライブにする必要があり、興味のあるユーザーがアプリをインストールできます
  • Firebaseアカウントをセットアップし、AndroidやiOSアプリと統合する必要があります
  • アプリのプロモーションプランを有効化するには、アプリストア(Google PlayストアまたはApple App Store)でアプリを再申請する必要があります
  • アプリは「無料でインストール」する必要があります。つまり、興味のあるユーザーは課金されず、アプリをデバイスにダウンロードまたはインストールするだけです
  • アプリの宣伝キャンペーンが開始されると、払い戻しはありません

List of Schedules Annexed:

Schedule 1: Sub-processors as of 6 May 2020
Schedule 2: Details of the Processing
Schedule 3: Standard Terms of Use Contractual Clauses
Schedule 4: Process to access personal information retained by Processors/Controllers